ハードウェアウォレット開発はどのように計画して進めてるのか?【株式会社AndGo】

ハードウェアウォレット開発はどのように計画して進めてるのか?【株式会社AndGo】

ビットコイナー反省会

【ビットコイナー反省会&AndGo特別特典】
AndGoの新プロダクト「ビットコイン自動積立貯金」クローズドベータに特別参加できます。 (詳細は  18:38~)

▽特別特典の参加申請はこちら
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScp-GLBbupW87Ly2CUha74NYFMijdPz2FAlkXjVhkN8BUS37w/viewform

▽AndGo主催の会員制サロン、「ビットコイン研究所」はこちら
https://lounge.dmm.com/detail/828/

AndGoの技術顧問である片山さんに、HWWにおけるオープンソースとクローズドソースのメリットとAndGoでの開発風景を話して頂きました。

【関連動画】
電子工学の専門家に聞く!ハードウェアウォレットの構造にセキュリティホールはないか?

TrezorとLedger Nano Xの違いはどこか?ハードウェアを分解して見比べてみる

ビットコインはなぜ色々な領域の専門家を惹きつけるのか?【part.1】

ハードウェアウォレットが仮想通貨を安全に守る仕組みとは【part.2】

ハードウェアウォレットは本当に安全?具体的な攻撃手法を紹介【part.3】

ハードウェアウォレットの安全性を高める具体的な運用方法とは?【part.4】

▼出演者情報
片山さん
株式会社AndGo技術顧問・ハードウェアウォレットの開発に携わっている。

東晃慈(Koji Higashi)

ビットコインのポテンシャルに魅了され、2014年からフルタイムで関連事業に取り組む。
ビットコイン、ブロックチェーン業界においてプロダクトマネジャー、コンテンツクリエイター、マーケターなど多角的に活動しており、国内外で認知されている。リサーチグループ「ビットコイン研究所」の共同運営の他に、現在は株式会社NayutaとビットコインのLightning Networkを利用したプロダクト開発などに注力。
また、自身が主宰するYoutubeチャネル「ビットコイナー反省会」は国内の仮想通貨業界人から広く支持されており、定期的に業界ゲストを招きつつ情報発信も続けている。

動画はこちら→ https://youtu.be/GB7yRQf7ukE

コメントする