論より証拠!預金から積立投資へ!!【複利のチカラ①FIRE】+883万円+43.2%↑【子育て世帯、働く世代の資産運用】投資の王道は長期•積立•分散!21/11/4 #shorts

論より証拠!預金から積立投資へ!!【複利のチカラ①FIRE】+883万円+43.2%↑【子育て世帯、働く世代の資産運用】投資の王道は長期•積立•分散!21/11/4 #shorts

KIZASHI2021

◆都銀から金利の高いネット銀行、ネット証券へ

銀行の普通金利をみたら、
0.001%〜0.1%など100倍もの差があり!

今まで、手続きが面倒で、ずっと先送りしてきた給与振込口座の変更や引き落とし口座の変更を実施。

少しでも金利の高いネット銀行へ切り替えすることにしました。
それでも、長期の積立投資の複利運用の年利の比ではないけどね。一円たりとも金利の安い都銀やゆうちょなどでお金を遊ばせないようにします。

◆ ネット証券とネット銀行の役割

①手数料が割安なネット証券と
②金利が高いネット銀行のタッグが最強!

手数料で儲ける従来型のリアル窓口のある都銀行や地方銀行は、時代とともに淘汰され、
良心的な手数料の割安なネットを中心とした証券&銀行へシフトします。

長時間、椅子で待たされ、手数料や割高な手数料の金融商品を売りつける窓口に人は行かない。
売り手思考(事業者が売りたい)から買い手思考(買いたいと思う)の商品へ、
まさに、三方よし!

またネット銀行とネット証券会社の役割も入れ替わり、ネット証券(インデックス銀行と位置付け)をメイン資産にして、必要な額だけ、ネット銀行でサブ資産(キャッシュ)にしています。

手元のネット銀行には、数ヶ月分の生活費だけは確保。資産運用のプロも、こういった感じ。庶民とはまさに逆の発想!
リスクは減らし、効率よく、賢く、長期、積立、分散で運用し、FIREを目指します!

パパの現在のチョイスは、以下の2つです。
 ⑴楽天証券と楽天銀行の組み合わせ
 ⑵SBI証券と住信SBI銀行の組み合わせ

人気の通りの王道のチョイスです。
やはり資産運用する場合、手数料が割安で、使いやすい証券会社、ネット銀行だけが生き残りますね。

◆住宅ローンのメリット(控除と低金利)
税制上、住宅ローン控除メリットがなくなる10年目くらいを目処に、ゆっくりゆっくり返済したいと思っています。
なぜなら、住宅ローンは、低金利な最も良質なローンなので、運用金利とローン金利を比較しながら、資産運用しながら、なるべく、ゆっくりとゆっくりとメリットを享受し、返済しています。

◆複利運用 72の法則(中長期の積立分散投資)
100万円を年2%の複利で運用すると、
30年で約181万円になります。

では、2倍の200万円になるには、いったい何年かかるでしょうか?これを簡単に計算する方法として「72の法則」があります。

★72を利率で割ると、2倍になる期間が概算できるというものです。確かに非常に簡単ですね。

★例えば、年2%で複利の金融商品に100万円を投資する場合、
資金が倍の200万円になるには、
72÷2で約36年間かかるといったように使います!

実際に計算して確認してみると、
 35年目で199万9,890円、
 36年目で203万9,887円となり、

運用資金が複利○%で、2倍になるにはどのくらいかかるのか?運用期間の概算がわかる計算です!

1%の重要性が改めてわかります。
金利1%は大きな違いです!支出コスト、手数料は意識してチョイスしていきましょう。

▼2倍になる期間の概算
年率 2%複利 72÷ 2%=36年
年率 3%複利 72÷ 3%=24年
年率 4%複利 72÷ 4%=18年
年率 5%複利 72÷ 5%=14.4年
年率 6%複利 72÷ 6%=12年
年率 7%複利 72÷ 7%=10.3年
年率 8%複利 72÷ 8%=9.0年
年率 9%複利 72÷ 9%=8.0年
年率10%複利 72÷10%=7.2年
年率11%複利 72÷11%=6.5年
年率12%複利 72÷12%=6年
年率13%複利 72÷13%=5.5年
年率26%複利 72÷26%=2.7年
年率33.9%複利 72÷33.9%=2.1年(21/8/11)

では、パパの運用成績が26%だと仮定すると
年率26%複利 72÷26%=2.7年‼️

運用資産3000万円を倍にするには、
年率24%複利の運用成績では、
2.7〜3年かかる計算です!

凄い!本当に2、3年で倍ならよいですね。
パパは現在コツコツ積立実践中です。

世界各国が同時期にこんなに金融緩和を実施し、
株式相場(将来的な世界経済)が良い時期は、
恐らくパパが生きている100年間は、もうこないと思う。

今回のコロナ特需をチャンスとしても受け止め、
リスクに備え、資産運用の王道の長期、積立、分散のスタンスで積立投資を行い、早期FIREを目指しています。

3年と言えば、ちょうどコロナが落ち着く頃ではないでしょうかね!

ワクチン対策などで、途上国も含めてグローバルな収束を考えるともっとかかりそうですね。

コロナ禍の2、3年を賢く過ごして、
家族資産を倍に出来れば嬉しい限りです!

コロナで人の考え方、働き方も、常識、固定概念も、世界もガラッと変わりました。

①コロナ初期 20年1月〜12月 株価低迷仕込期
②コロナ中期 21年1月〜12月 大きな上昇期
③コロナ後期 22年1月〜12月 緩やかな上昇期

★短期目標だと、
想定目標は22年9月〜22年12月ぐらいでしょうかねー!?

基本的にパパは資産運用は、中長期スタイルですので預金代わりなので、一喜一憂はしません。

中長期で見ると一般的に年率5%〜30%ぐらいでしょうかね?

半年前は0%を割りマイナスの時もありました。
上昇期にも低迷期にも時間を味方にじっと待って、将来大きく成長するのを待ちます。

◆世界のマネーは徐々に制約を受けない資産へ
キャッシュからデジタルの時代へ!
紙幣すら刷らない時代がすぐに来るでしょう⁉︎
制約のある現金、キャッシュを持つメリットも薄れてはじめている。
世界的に金や仮想通貨、ブロックチェーン技術などを活用した有限かつ、どの国、政府からも制約を受けない資産が世界的に流行り始めているね。まだまだ始まりでしょうか。

これからどんな未来が待っているのでしょうね?
このチャンネルではパパの運用成績を公開していきます。少しでも、みなさんに、自分にも、勇気を与えられたら、いいなと思います。

良ければ、いいね!ボタン、
チャンネル登録をお願いします!

※くれぐれも投資は自己責任で!

動画はこちら→ https://youtu.be/Qv_XKa92Kro

コメントする